ライスパワーNo11が含まれる有名化粧品の比較レビュー

肌荒れが気になってきてから、米肌を使用してだいぶ肌の調子が良くなってきた頃、化粧品の成分によってこんなに変化があるのかと感じました。

 

ライスパワーNo11という成分は、米肌以外の他社の化粧品にも含まれて居るのか調べてみました。

もともと米肌には美容成分がたくさん入っているので、肌がもっちりしてくるのですが、ライスパワーNo11の成分が含まれる化粧品が他にあるのか調べて見ることにしました。

 

「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。[治療]というよりは[防止・衛生]を目的に作られています。

ライスフォース

雑誌等の刻々でも良く見かけることの多いライスフォースです。

こちらにもライスパワーNo.11の成分は含まれていています。

私も一度トライアルセットを注文して見ましたが、使用感はどちらかといえば私は米肌の方が好きでした。

ライスフォースのは米肌や他のライスパワーNo11が含まれている化粧品の中では価格が一番高いという印象があります。

しかし口コミを見ると、保湿力や肌改善されたとの書き込みも多いので一概に値段だけでは決められないですね。

ライスフォースは保湿力が断然高め

ライスフォースは、米肌に比べると美容成分は少なめな印象です。

しかし、ライスフォースは3つの化粧品(化粧水・美容液・保湿クリーム)全てが医薬部外品に指定されています。

 

肌に乗せた時の気持ち良さは、米肌の方があります。ライスフォースは保湿性が高いため、肌に乗せた時のしっとり感と多少のベタつきは感じるかも知れません。

しかし特に乾燥がひどい人にはライスフォースくらいしっかりと保湿されテイル感覚があったほうが合うかも知れません。

 

ライースリペア

ライースリペアは、上記のライスフォースと対照的に、CMや雑誌など広告を出していません。あったとしても私は一度も見たことないです。

使用感は、ライスフース、米肌と比べ一て日本酒っぽいアルコールの匂いが少し強めな印象です。

アルコールは殺菌成分としても有効なので、日本酒の匂いが苦手でなければさっぱりとして使いやすいです。

 

ライスパワーNo11を開発した勇心酒造

もう一つの特徴として、ライースリペアは共通の化粧品にとして含まれている「ライスパワーNo.11」を製造・開発して居る大元の会社が出している化粧品です。

ようするにライスパワー生みの親である本家本元ですね。

こちらのライースリペアは、他のライスパワーNo11が含まれる化粧遺品の中で、一番アルコールの匂いがします。

口コミでは「無臭に近い」という意見もたくさんありますので、そんなに気にされない方も多いようですが、あくまでも他の製品に比べると強めな印象です。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ