米肌など、ライスパワー化粧品は乾燥肌や肌トラブル改善に有効なのか?

世たくさん出回っている乾燥肌のための保湿化粧品。

本当に効果や改善がみられるのはいったいどの製品なのでしょうか?

 

乾燥肌がなかなか改善されない場合、原因はいくつか考えられます。

実は肌表面だけの問題ではありません。

しっかりと原因を探っていかなければ本当の改善には繋がらないわけです。

乾燥肌の最大の原因は、肌内部の乾燥!

私も、乾燥肌がなかなか改善されず悩みを持つひとりです。笑

なぜ、肌の乾燥がおきてしまうのか?

根本の原因は何なのか?

 

たくさん保湿化粧品を試しても、時間が経つとすぐにまた乾燥してしまうという状態でした。

あれもダメ。

これもダメ。。

冬は特にかさかさの状態。

 

肌はまるで砂漠状態!!

そう、どんなに保湿化粧品と呼ばれるものを試しても、なかなか思うように改善しなかったのです。

 

医療系や肌改善に一役かってくれそうな製品を探していたところ、米肌や、ライスフォースなど「ライスパワーNo11」という成分が含まれる化粧品にたどり着いた。

ライスパワーNo11の成分が、角質層へ浸透していき肌本来の改善が期待されるとのこと。

 

実際に使用してみるつ、確かにしっとりしている。少しアルコール臭はするけど気にならない程度。

肌に吸い付くような使用感!(この時点でちょっと期待があったが、まだ疑っている笑)

いつも通り自己流でパシャパシャと洗顔後に肌に塗布しようと思ったけれど、使用方法を読んでしっかり使用して見た。

 

成分の持つ特徴を最大限に発揮させる使用方法

ライスパワーNo.11には、肌の内側からセラミド*を増大させ、肌が水分を保つ力を改善する「水分保持能改善」効果が認められています。 医薬部外品の効能として「皮膚水分保持能の改善」を認可された唯一の素材です。

 

  1. 掌に、500円玉大サイズの化粧水を出す
  2. 手の温度でしっかり温めて肌を包み込むように塗布する
  3. 特に乾燥がきになる場合は、2〜3度重ねを繰り返す

 

私はこれほどしっかり乾燥と向き合い、こんなに丁寧に塗布したことがなかったので、変化に衝撃でした。

確かに、肌にしっかり浸透してるという感覚がある!!

なんだか、、肌表面がしっかり潤っている!!!!

時間が経つと、表面が少しサラサラになりますが、乾燥してる感じはありません。

 

今までの保湿は何だったのであろう。(笑

 

使用方法、分量が少ないと全く意味がない!

いろいろ調べてみて分かったことは、中途半端な使用量では効果を発揮できないということ。

分量が少なすぎると、肌にしっかり浸透しずらくなり結果的にまたすぐに乾燥してしいます。

 

そう。今まで私、ケチケチ使っていたので大した結果が得られなかったのです。

圧倒的に足りていなかったということが判明いたしました。(笑

 

もし乾燥がなかなか改善されないという人は、しっかりと分量をケチらずに試してください。

どんなに素晴らしい基礎化粧品でも、中途半端では結果が得られず結局どれも大して変わらない!と思ってしまいます。

 

反省を生かし、記事にしてみました〜〜

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ